企業健診

習志野市の企業様と従業員様の明るい未来につなげる健康診断

企業様と従業員様の明るい未来につなげる健康診断当院は、予防や病気の早期発見に力を入れた診療を行っており、地元の企業様の健康管理に積極的にかかわることで地域の方の健康に貢献していきたいと考えております。

労働基準法では、事業主が人を雇った場合、その人数や会社の規模にかかわらず、半年から1年に1回健康診断を実施し、費用は事業主が負担するという義務が定められています。これに違反した場合は罰金が科せられます。
こうした義務としての健康診断も、従業員の方の健康をしっかり守っていくために大きく役立てることができます。当院では、総合内科専門医・消化器病専門医・肝臓専門医を持った院長がクオリティの高い検査やアドバイスを行うことで、従業員の方の健康をしっかりお守りしていきたいと考えております。

 

法律で定められた健康診断とは

労働安全衛生法では、健康診断に関して下記のように定めています。

受診対象になる従業員

期間の定めのない契約により使用される者であり、「常時、使用する労働者」が対象となります。正社員だけではなく、パートやアルバイトの場合でも、条件を満たせば対象となります。その条件は、1週間の所定労働時間が、当該事業所の同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間の4分の3以上となっています。

費用負担

法律により健康診断の費用は事業者が負担すると定められております。

結果のフォロー

健康診断で「異常あり」と判断された労働者がいる場合、医師の意見を受けて健康のための措置を行うことが定められています。

結果の保管

健康診断の結果を記入した健康診断個人票を事業者が作成し、5年間保管することが定められています。

報告義務

常時50人以上の労働者を使用している事業者の場合、健康診断の結果を労働基準監督署に報告する義務があります。

実施を怠った場合の措置

常時使用する労働者に対する健康診断が実施されなかった場合には事業者は50万円以下の罰金が科せられ、実施報告書の人数などに虚偽があるとみなされた場合には労働基準監督署から勧告や指導を受けます。

実施が必要な健康診断の種類とその頻度

雇入時健康診断 雇用する直前、あるいは直後

就職や転職など、「常時使用する労働者」を雇用する際に必要な健康診断です。

雇入時健康診断
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素数、赤血球数)
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
  • 血糖検査
  • 尿中の糖および蛋白の有無の検査
  • 心電図検査

定期健康診断 1年以内ごとに1回

定期的に「常時使用する労働者」の健康診断を実施するものです。

定期健康診断(34歳以下、36~39歳)
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 尿中の糖および蛋白の有無の検査
定期健康診断(35歳、40歳以上)
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素数、赤血球数)
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
  • 血糖検査
  • 尿中の糖および蛋白の有無の検査
  • 心電図検査

特定業務従事者 半年以内に1回

深夜業、有害な環境など定められた条件のもとで働く労働者に対する健康診断で、半年に1度の頻度で実施する必要があります。配置替えの際にも必要になりますが、検査の中で胸部エックス線検査や喀痰検査に関しては1年以内ごとに1回と定められています。

海外派遣従業員 派遣時と帰国時

6ヶ月以上海外に派遣する従業員に必要になる健康診断です。派遣時と帰国時の両方行う必要があります。また、一時帰国の際にも必要です。定期健康診断に加え、血液中の尿酸値、腹部画像検査、B型肝炎ウイルス抗体検査、ABO式・Rh式血液型検査、糞便塗抹検査などの検査を実施します。

費用について

費用について経費節減につなげることも、地元の企業様を通じて地域の方の健康を守るための貢献になると当院では考えております。受診人数などによりご相談に応じておりますので、お気軽にお問い合わせください。

津田沼の総合内科・消化器内科・内視鏡専門医 さきたに内科・内視鏡クリニック オフィシャルサイト