再検査・精密検査の対象となった方

再検査の通知が届いたら

再検査の通知が届いたら健康診断や人間ドックでのスクリーニングによって異常と結果が出た際には、速やかに二次検査・精密検査を受けましょう。
早く治療を開始すれば治療可能な疾患であっても、検査結果を放置したままでいると症状が進行してしまい、症状が悪化すれば治療が難しくなってしまう場合があります。
健診の結果に「再検査」「精密検査」がありましたら、できるだけ早く再検査や精密検査を受けるようにしましょう。
また、健康寿命を長く維持するためにも、正常と診断された方でも定期的に健康診断や人間ドックを受け続ける事が大切です。

当院の健康診断を受けた方へ

当院に検診の結果がありますので、同封の【御高診依頼書】のみをご持参ください。他の医療機関を受診される場合には、【御高診依頼書】だけでなく【健診結果報告書】も必要になります。

当院以外で健康診断を受けた方へ

当院で再検査・精密検査が可能です。【健診結果報告書】をお持ちください。

検査結果の見方

異常なし

今回の健診で、異状はありませんでした。

支障なし

わずかに異常がある状態ですが、日常生活への支障はありません。生活に少し気を付けることで改善が期待できます。

経過観察

わずかに異常がある状態で、これ以上悪化すると健康に害が生じてくる可能性があります。生活習慣の改善と経過観察により悪化しないよう注意する必要があります。

要精密検査

数値に異常があり、精密検査が必要な状態です。御高診依頼書を結果に同封しますので、できるだけ早く精密検査を受けてください。なお、お身体の健康状態は精密検査の結果をみて判断します。精密検査後に病気の診断が出た場合には、適切な治療を受け、生活習慣を改善して悪化を防ぎ、改善を目指しましょう。

要治療

すぐに治療が必要な状態です。結果に御高診依頼書を同封いたしますので、できるだけ早く専門医を受診してください。

治療中

現在受けている治療を継続する必要があります。

健診結果と二次検査の内容について

異常と診断された項目 必要な二次検査の内容
肝機能、脂質、膵機能、腎機能、糖尿病、血液検査、尿検査、腹部超音波検査 腹部CT、MRIなど
心電図 心エコー検査、負荷心電図、24時間心電図
胸部X線、喀痰検査、肺機能検査 胸部CT(肺CT検査)
胃部レントゲン検査 胃内視鏡検査
便潜血 大腸内視鏡検査
大腸バリウム検査

当院では各種医療機器により、様々な項目の精密検査・二次検査の対応を行っております。

津田沼の総合内科・消化器内科・内視鏡専門医 さきたに内科・内視鏡クリニック オフィシャルサイト